国際大学(IUJ)和文パンフレット2020-2021

GSIM Graduate School of International Management

New Program

デジタルトランスフォーメーションプログラム(1 年制)

Digital Transformation Program

デジタル社会のグローバルビジネスを牽引 デジタルテクノロジーの進歩により、行政、産業構造、雇用、そ して人々の私生活に至るまで、社会のあらゆる面が劇的に変化し ました。 組織はもはやデジタル変革(DX)に遅れをとることは できません。 デジタルの「未来」はもはや今日のものとなりま した。新しいデジタルテクノロジーに対応して変革と適応を達成 しなければ、今後 10 年間のうちに現存するビジネスの 40%近く が失われる可能性があると推定されています。このため産業界で は DX に精通した人材の獲得・確保が焦眉の課題となっています。 国際大学の大学院国際経営学研究科では、これまで 20 年間近く にわたり世界トップクラスにランキングされる e ビジネス経営プ ログラムを展開してきました。本研究科はこのプログラムを刷新 し、デジタルトランスフォーメーションプログラムを設置します。 この新プログラムでは、これからのデジタル社会においてグロー バルビジネスを牽引してゆける将来のリーダーを育成します。こ れらの人材はデジタル技術およびデジタル文化に関する深い理 解・洞察を通して事業の成長と競争優位を築く力を持たねばなり ません。本プログラムの講師としては、デジタルテクノロジーの

最先端の研究に携わる教授陣、先端的なデジタル技術を駆使して いる招聘実務家講師、および世界各地のトッププレイヤーをゲス トスピーカーとして招きます。本プログラムの授業では、ケース メソッドを主たる教育方式として採用するほか、シミュレーショ ン演習や実際のビジネスを対象としたグローバル仮想チームプロ ジェクトなどを取り入れます。修了生は、ビッグデータ・ブロッ クチェーン・AI・クラウドコンピューティングなどに代表される 最先端のデジタルテクノロジーに関する実践的な知識を身につけ ることになります。それに加え、修了生はデジタル戦略、プラッ トフォーム、ビジネスモデル、デジタル起業とイノベーション、 フィンテック、デジタルマーケティング / 人事 / サプライチェー ンなどの知見を併せ持つ人材となることが期待されています。 修了後の進路としては、いくつかの例として、デジタル技術を効 果的に利活用できるマネージャー、DX の導入・定着を担うマネー ジャー、各種技術プロジェクトについて助言を行う IT スペシャ リスト、官公庁など公的組織においてデジタル環境を構築・管理 する官僚などが想定されています。

カリキュラム

秋学期

冬学期

春学期

夏季期間

修了要件

必修科目:10 単位

デジタル経営学修士 32 単位 & 修士論文 または 36 単位 & 研究レポート

選択科目:12(16)単位 特別演習(論文指導):6単位

キャップストーンコース:4 単位

必修科目

キャップストーンコース

・データ分析によるビジネス支援 ・デジタルプラットフォームとデジタルビジネスモデル ・デジタルトランスフォーメーションのマネジメント

・起業家精神とイノベーション ・ビジネスコア

・デジタルビジネスの倫理と CSR ・デジタル時代のグローバル戦略 ・デジタル変革のリーダーシップ ・デジタル産業の世界的展望

選択科目

・ビジネスのための人工知能 ・ビッグデータ分析

・デジタルサプライチェーンマネジメント ・ファイナンスとフィンテック ・デジタル化世界の国際安全保障 ・E ガバメント

・日本社会のデジタルトランスフォーメーション ・新規事業創出とベンチャー ・デジタル時代のサービスマネジメント ・デジタル・ディスラプションの戦略論

・デジタル人的資源管理 ・デジタルマーケティング ・他 財務会計学など経営科目開講予定

New Program

国際社会起業家プログラム International Social Entrepreneurship Program : ISEP -海外協力隊(JOCV)候補者及び終了者限定-

海外協力隊(JOCV)は、政府開発援助(ODA)の一環として、 世界に貢献したいという想いを抱く日本の若者を 2 年間ボラン ティアとして開発途上国に派遣する、JICA(独立行政法人国 際協力機構)が実施する事業です。国際社会起業家プログラム は、JOCV の終了者とこれから海外に派遣される候補者の両方 を対象としています。隊員活動終了後に海外においてビジネス や NPO を通して持続可能な社会課題解決に社会起業家として 携わり、貢献したい、または、国際機関などの支援組織で民間

セクターとも連携しながら社会開発のために働きたい、と希望 する若者が、実際の行動を起こすために必要な知識、考え方、 つながりを得ることができる教育の場を提供することを目的と しています。キャンパスでの経営学、国際関係学に関する講義 に加えて、途上国あるいは日本の地方におけるフィールド実習 を通して、実際に社会起業家として活動することを想定したビ ジネスプランの試行をカリキュラムに組み込んだ実践的なプロ グラムです。

カリキュラム

キャンパスでの 3 学期間の修学

長期フィールド実習 研究レポート提出

修了要件

必修科目 : 12 単位

選択科目 : 16 単位 フィールド実習 : 4 単位 研究レポート : 2 単位 社会起業経営学修士 : 34 単位

ISEP 必修科目

・地域資源とソーシャルビジネス ・開発と政府・起業家の役割

・起業家精神とイノベーション ・マーケティング・マネジメント

・財務会計学 ・リーダーシップ

ISEP 選択科目

・国際機関論 ・国際政治経済論 ・国際人権論:文化、ジェンダー、平等 ・難民・移民と人間の安全保障 ・経営戦略 ・管理会計学 ・農業開発と資源歳入管理

・日本の中小企業 ・日本のものづくり経営 ・日本の雇用慣行と人的資本の蓄積 ・日本のビジネスリーダー ・日本の国際協力政策 ・開発政策・プログラム分析

・新規事業開発とベンチャー ・デジタルトランスフォーメーションマネジメント ・農業・食品産業:デジタル技術と市場 ・デジタルプラットフォームとデジタルビジネスモデル ・デジタルサプライチェーンマネジメント ・データ分析によるビジネス支援

科目は変更される場合があります

18 デジタルトランスフォーメーションプログラム/国際社会起業家プログラム

Made with FlippingBook - professional solution for displaying marketing and sales documents online